Iraq Hostage Crisis

イラクで拘束された3人の活動の紹介と、自衛隊のイラク派兵のあり方を問い直すブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
お知らせ
4月上旬、イラクで人質事件が発生して以来、このブログを運営してきました。
当初は一日に複数の記事を投稿していましたが、このところ多忙につき更新が滞っています。少なくとも6月15日までは更新を停止する予定です。イラクでの政権移譲や、自衛隊の多国籍軍への参加など、大きな動きが続いていますが、フォローできずに大変残念です。

ただ、人質事件もある程度の収束を見せ、ホームページの当初の目的は達成したことから、このブログの再構築、あるいは移行(別のサイトへ)、閉鎖のいずれかの選択をすることになると思います。

イラクはいま非常に危機的な状況にあります。
ホームページは何らかの形で運営していきたいとの思いが強いですが、私の個人的な状況を考えると難しいのが現状です。知人との共同管理など様々な方策を模索しております。いずれにせよ、仕事が忙しくなり、責任を持って情報を提供できなくなりつつあるのも本当のところです。そこで、一時、更新を一週間ほど停止いたします。


それから最後に、人質事件の後、あまりにも素早く救出の運動が立ち上がったことに政治的な動きを感じると論じた一部のマスメディアに対して、事件発覚翌日にこのブログを立ち上げた私からのささやかな反論。

9・11の後、国際情勢に関心を持つ若い人たちが増えました。悲しい出来事がきっかけでしたが、それをきっかけに、私たちがいま寄って立っている世界構造の矛盾に目を向け、実際に行動に移す人たちが私の周りにも沢山います。そして、私もその一人なのです。

資金力も組織力もない彼らは、各地で小さなイベントを何度も開催し、国際情勢や環境問題などを考えるネットワークを広げていきました。そして、何かあったときにはすぐに連絡を取り合い、アクションを起こすノウハウを徐々に蓄積してきました。その過程で大きな役割を果たしたのがインターネットです。インターネットが出現し始めたころは、情報格差の問題が指摘されるなど、ネガティブなイメージが指摘されていました。いまでもそうした問題は100%解消されてたとは言えませんが、ただ単に非難をするよりも、それを自分たちの理想(オルタナティブな社会の実現)に向けてよりよく運営していこうという機運が高まってきたような気がします。

私は人質事件が発覚した後、これまで作り上げてきたネットワークを駆使して情報を集め、その情報をネット上で共有したいと考えました。たまたま現在はブログブーム。簡単に情報を更新できるシステムが利用可能になっています。その中でも、無料でベータ版を提供してくれているjugem.ccさんのシステムを使い、すぐにサイトを立ち上げました。4月9日夕方のことです。

人質事件が発覚した後、すぐにアクションが起こったことが「自作自演説」の一つの根拠にもなっているようです。大手メディアでも、そこまでは言わないまでも、短期間のうちに大きなうねりが社会の中で出てきたことをいぶかしく思っているところもあるようです。

しかし、そうしたメディアは9・11の後に、若い人たちの間で情報共有とアクション形成のノウハウが徐々に蓄積されてきた事実を見ていません。各地で開催さえれた政党色のない自発的な若い人たちのイベントにまったく記者をよこさない新聞社は、自分たちが知らない間にそのようなノウハウが蓄積されてきたことをまったく理解していないようです。だから、素早い動きが現れた現象を理解することができない状況に陥り、その裏には何かがあるみたいだと勘ぐるのではないでしょうか。

ですから、読売新聞が5月29日付けの社説で主張した以下の文章は、「私たちは何も知りませんでした」と告白しているように私には映りました。「家族の「自衛隊撤退」要求に呼応するように、わずか二日間で約十五万人の署名が集められた。国会前では、組織的なデモが続いた。極めて政治的な、奇妙な光景が繰り広げられたのである」。

私はフリーランスのジャーナリストが偉いなんてまったく思いません。でも、私が関わっているU−Pressのメンバーはその社会に生きる一人ひとりの生活に根付いた取材をしています。私は、そういう取材センスを失いたくはありません。そして、大手のメディアの方々にも失って欲しくはないのです。
| 石塚輝紀 | 注意事項・お知らせ | 01:12 | comments(12) | trackbacks(137) |
ジャーナリスト 土井敏邦さん ファルージャからの報告
ビデオジャーナリストの土井敏邦さんがファルージャでの惨劇を取材したルポをご自身のHPで公開しています。

週刊朝日に掲載された記事の転載です。

ファルージャ 静かな農村を襲った真夜中の「無差別」攻撃

土井さんは、パレスチナ ジェニン虐殺事件の際も現場で取材をされています。今回のファルージャ虐殺事件を、ベトナム戦争のソンミ虐殺事件や、ジェニン虐殺事件と並べています。

なお、ジェニン虐殺事件については、土井さんが世話人を努める日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)がその報道のあり方について疑義を呈した抗議文も出されています。

ジェニンで虐殺はあった
http://www.jvja.net/statement/020810.html


このような虐殺事件をメディアから隠す動きがある一方で、それを伝えなければならないことがあることが感じられます。
| 石塚輝紀 | ファルージャ情勢 | 03:43 | comments(10) | trackbacks(3) |
広河隆一さんイベント
ジャーナリストの広河隆一さんが、トークショーや集会を都内で開きます。
ホームページより転載いたします

【東京 24 日】                

ACTION 1 1 1
鼎談 ( ていだん )【佐高信、郡山総一郎、広河隆一】のご案内


日時  6 月 6 日 (日)14 : 00 - 16 : 00
ところ 日本教育会館 一ツ橋ホール
東京都千代田区一ツ橋 2 - 6 - 2
TEL : 03 - 3230 - 2831
参加費 1000 円(学生半額)
連絡先 東京集会事務局
FAX : 042 - 577 - 6841
mail : hinata@fd.catv.ne.jp

※「 アクション 1 1 1 」実行委員会
  http://www.action111.net/

-------------------------------------------------------------------------------

市民とジャーナリストを結ぶ
JCJ・04 年 6 月集会
戦争と平和とジャーナリストの「責任」
イラク、自衛隊、人質バッシング、参院選、そして憲法・・
■ 基調講演 : 渡辺治(一橋大学教授)
■ シンポジウム
  大谷昭宏  ニュースキャスター
  岡本厚    『 世界 』編集長
  広河隆一  フォトジャーナリスト、DAYSJAPAN編集長
  米原万里  エッセイスト


日時 6 月19日( 土 )14 : 00 - 17 : 00[ 開場 13:30 ]
会場 全水道会館ホール(東京・水道橋)
アクセス JR「水道橋」東口( 御茶の水寄り )2 分
都営三田線 「水道橋」 A 1 出口 1 分
参加費 当日 / 1300 円
予約 / JCJ 会員 1000 円
学生 / 800円

主催 日本ジャーナリスト会議 ( J CJ )
〒 101 - 0064
東京都千代田区猿楽町 1 - 4 - 8 松村ビル 4 F
TEL : 03 - 3291 - 6475
FAX : 03 - 3291 - 6478
mail: jcj@tky.3web.ne.jp

※ 日本ジャーナリスト会議 ( J CJ )
  http://www.jcj.gr.jp
| 石塚輝紀 | 全国各地アクション | 00:54 | comments(15) | trackbacks(2) |
橋田さん・小川さん バンコクで火葬
バグダッド郊外で武装集団に襲撃された方の遺体が、橋田信介さんだったことが法人類学の立場からも確認されました。事件から一週間にして、ようやく殺害された方々の身元が正式に判明したことになります。

共同通信:遺体橋田信介さんと確認 クウェートで家族対面

今後、橋田信介さんと小川功太郎さんの遺体はクウェートからバンコクへと移送され、橋田さんとゆかりの深いバンコクで火葬されるということです。

毎日新聞:2人の遺体、バンコクで火葬

この事件では、他に一人のイラク人通訳、ムハンマド・ノルアディーンさんも殺害されました。自衛隊がイラクの人を助けに来てくれていると最後まで信じ、その日本人のジャーナリストを手助けすることができたことを誇りに思っていたとのことです(関連記事)。

戦場取材では常に慎重だったとされる橋田さん。今回は、サマワからバグダッドや帰ることを運転手は延期するようにアドバイスしたとのことですが、結果的にこのような事件にムハンマドさんも巻き込むことになってしまいました。経験があるジャーナリストもこのような目にあうような現在のイラクの状況。大手メディアも撤退する中で、イラクで何が起こっているかが次第に分からなくなりつつあることに懸念を覚えます。
| 石塚輝紀 | 橋田さん・小川さん襲撃殺害事件 | 00:39 | comments(1) | trackbacks(2) |
橋田信介さん支援 目の治療のため日本に出発
橋田信介さんが死の前日に日本行きのチケットを少年に渡しました。
少年は彼の死を知ったとたんに泣き喚いたということです。

その少年が予定通り日本で治療を受けることができるようです。
4日朝に日本に到着し、検査を受けるということです。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/mideast/news/20040602k0000m030121000c.html
Check
| 石塚輝紀 | 橋田さん・小川さん襲撃殺害事件 | 01:13 | comments(30) | trackbacks(15) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>
+ ジャンル別記事一覧
+ 最近の記事
+ PROFILE
+ AD