Iraq Hostage Crisis

イラクで拘束された3人の活動の紹介と、自衛隊のイラク派兵のあり方を問い直すブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
サマワ安全神話崩壊!? 政府も危機感
サマワでの自衛隊の活動にさすがの政府も危機感を抱き始めたようです。
このところ、オランダ軍とサドル派民兵との間で衝突が続き、双方に死者がでる惨事に発展しています。サマワは「非戦闘地域」であるとする政府の見解が危ぶまれています。そして、さらに問題となったのはサドル派支持派について「国に準ずる者」と認定することを検討するとの見解が一部で示されたことです。

毎日新聞:「サマワ安全神話」揺らぎ、政府が危機感

自衛隊のイラク派遣を認めているイラク特措法によれば、戦闘行為とは「国または国に準ずる者」とのあいだの交戦とされているため、もしサドル支持派を国に準ずる者と認定すれば、サマワは非戦闘地域ではなくなり、自衛隊がサマワに駐留する根拠を失ってしまうのです。

サドル師支持派の民兵と駐留軍との間の戦闘は日々激しさを増しており(関連記事)、その動向が注目されます。
| 石塚輝紀 | イラク駐留軍 各国の状況 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:28 | - | - |









http://iraqhc.jugem.cc/trackback/255
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ ジャンル別記事一覧
+ 最近の記事
+ PROFILE
+ AD