Iraq Hostage Crisis

イラクで拘束された3人の活動の紹介と、自衛隊のイラク派兵のあり方を問い直すブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「拘束の3日間」長野と松本で報告 安田純平さん(信濃毎日新聞)
安田純平さんが信州で連日報告会を開催。
「武器による支援ではなく、民間の交流が大事。私たちに何ができるのか問われている」と訴えたということです。

信濃毎日新聞:「拘束の3日間」長野と松本で報告 安田純平さん
| 石塚輝紀 | 帰国後の5人の動向 | 22:01 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:01 | - | - |
サイゾーという雑誌で座談会に出ておられますね。
拘束されてる間も取材交渉を続けておられたとか。
きっちりした、普通の感覚を持ち合わせた記者の方が行っておられたことは本当に嬉しい限りです。

他の人質となった自称記者さんらがなるいと言ってるわけですが%Pr
| 本郷弘@反日/分子 | 2004/05/25 7:24 PM |
ところで、京都でも来週安田純平さんが報告会をすると京都新聞にあった(6/5二時090-6325-8054)。そのほか、今井君の連載が東京新聞などで出てるらしい。そういう報告も聞きたいです
| 本郷弘@反日/分子 | 2004/05/28 2:15 PM |
本郷弘@反日/分子 です。 なるべくなら、今井さんの近況に張りたかったのですが、めんどいのでここに貼らしてください。
 一応何十年もものかきでギャラ取ってきた人間があるまじき発言をしていましたもので。
  http://www.diary.ne.jp/user/31174/
において掲載された文筆家勝谷誠彦さんの文章のことです。

ちょっと、酷かったので、鉄槌を下してみました。
ご意見ありましたら宜しく。

-------------------------------------------


              判決文

■ 主文

一、被告勝谷誠彦は、原告、今井紀明(同、法定代理人、両親)に、30万円を支払え。

二、訴訟費用は全額被告の負担とする。

■ 判決理由

◇ 原告側の主張
平成16年05月19日 (水) 、午前四時過ぎ、被告は、東京都内の自宅におい

て、インターネットにアクセスし、「さるさる日記」なるサービスを用い、

開設している自身のホームページにおいて、甲一号証(標題「 マッチポンプ

聖職者教会その名も炎に薪をクベイシ師。」)の文章を掲示し、今もって、

削除せず掲示している。http://www.diary.ne.jp/user/31174/

 その一節において、原告今井紀明を、あからさまに指し、「劣化ウラン

ちゃんは「フリーライター」としてのお仕事を始めたようである。」と記し

た。また、そのすぐ下に、「http://www.tokyo-np.co.jp/hitojichi/。」

との記述を加え、この文字列をパソコン画面上でクリックすると、東京新聞

の主催するホームページに画面が切り替わり、原告が東京新聞に寄稿した文

章が表示されるようになっていた。

 さらに、同じ被告のホームページに、同年同月21日に、前述東京都内の

自宅からアクセスし、別文を追加し(甲一の二)「中日新聞さんよ何故今井

手記ウェブで読めなくしたの。」との標題を記した。中日新聞は東京新聞の

系列会社であることは周知の事実である。また、甲一の一の末尾において、

「実はこの連載中日新聞では今日から掲載が始まったと(略)まさか東京で

反応を見極めて東海中部地方に掲載決めたんじゃないだろうね。」との記述

があることから、被告勝谷の記す『「フリーライター」としてのお仕事を始

めた、「劣化ウランちゃん」』が、原告今井紀明を指すのは、明かである。

 この状況下において、被告勝谷は、原告今井紀明が東京新聞および中日新

聞に寄稿した文章を悪し様に中傷し、もって、原告の社会的信用を失墜させ

た。

 曰く、「北海道新聞に書くのが筋じゃないかと思うんだが。まさか命を的

にサマワで活動して帰国したばかりの自衛隊員の皆さんが激怒のあまり今井

家を包囲殲滅の挙に出ることを恐れたんじゃ…つるかめつるかめ(笑)。」

というものである。

 東京新聞および中日新聞は全国紙ではなく、地方紙であり、北海道などの

地域の住人は、当該記事(甲二号証)を読めない。そういった人々が、ネッ

ト上で、この文章を読んだ際には、「原告が自衛隊員をむげに挑発し、揶揄

している」かのような印象を、ことさらに持ったに違いない。

 これは、「虚偽事実の摘示」であるので、名誉毀損の不法行為に当たる。

 被害額の算定は判例による。

 インターネット上の名誉毀損事件の判例はすでに数多く出ているが、東京

地裁平成12年ワ11239号事件、大阪地裁堺支部平成15年ワの446

号事件の例を参照した。(甲三号証)

 それらから判断すると、小額訴訟の限度額30万円をもって、請求額とす

るのが相当である。


◇ 被告の主張
 (これは勝谷氏の言を待とう。)

◇ 裁判人の判断
 甲一号証の文章が、東京新聞、および、中日新聞にしか掲載されていない

原告の記事を誹謗中傷していることは、原告の指摘のとおりである。

 さらに、被告勝谷は、文筆業のプロとしての経歴20年を超える者で、名

誉毀損にあたらない文章の書き方など、当然知りえていた筈である。簡潔に

言えば、「正確な事実をのみ記し、被記述者の社会的信用を貶めるであろう

とも、公共の利益には合致する」という書き方である。

 であるにも拘わらず、昨今、インターネット社会での、ネットの匿名性を

はきちがえた、駄文作家(訴外花田歳彦など)が、跳梁跋扈するのをまね、

かように浅薄な文章をみだりに掲載するというのは、後進の範たるべき自身

の立場を忘れ呆けているといっても過言でない。

 本件被告勝谷の当該行為はまごうことなく名誉毀損の不法行為である。

 さらに、名誉毀損を免れようとする意図の下、直接、原告今井紀明の名前

に触れず、勝手に付けたあだ名を用いるというのは、卑怯この上なく悪質で

あるといわざるをえない。
 
 その悪質さを鑑みれば、原告側が提出した二例の判例のような少額な被害

額の算定は妥当ではなく、一連の西村博之氏を被告とした、DHC訴訟、動

物病院訴訟、プロゴルフ選手訴訟などの例をひいて、数百万規模としても失

当とは言えない所である。

 その点、原告の請求はつつましやかなものとさえ言って過言でなく、妥当

であろう。

 付言するが、被告勝谷は20年選手のベテランである。駆けだし、いや、

今後ひとり立ちするかどうかもわからぬ程度の、新進のものに対して、「ど

の新聞で書くのが筋では」などと、かかずらあって、云々すること自体「大

きなお世話」であり、みっともない。

 よって、原告の請求どうり判決する。

平成16年5月 市民法廷 裁判人 本郷弘

| | 本郷弘@反日/分子 | 2004/06/02 4:17 PM |
http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/233.html
カツタニ(w 君の日記ツッこまれてるよ

どこそこの記者も、あえて呼び間違えたのかもね
| tarutaru | 2004/06/03 6:14 AM |
さて、今、まさに、京都での報告会が終わったとこです。
最前列に座れたおかげで、質問も最初に取り上げてもらえたし、面白かったです。

入国しようとしてアウト食らった3人と違い、
拘束されるまで、フリーになってからほぼづっと地道にイラク取材されてたので、深みがありましたな。

例えば、イラクでは関税も税金もない状態で、
輸入ビールに押されて、ビール工場が廃業して
ペプシ工場になったとか。

いろんな会場で、おんなじような質問くらってたりして大変なんだろうな。

「フリーに向かない人というのを考えるとするとどんな人」
と質問したら、「お金が欲しい人」(他にもいくつか)という答えだったし、やっぱ私の経験上の法則「フリー記者はもうからない」は、立証されたというとこですね。

おつかれさまです%Pr
| 本郷弘@反日/分子 | 2004/06/05 5:09 PM |
本郷君、まだ花田を妬んで追っかけてるんだ。
君が裁判を10件以上起こして、ミリオンだかコアだかも訴えて不利になったら取り下げて。
モノカキが裁判をやったらもう終わりだよ。
花田が相手にしなかったから殆ど勝っただけだろ?
君のおかしいとこが目立つだけだよ。
| あきれたボーイズ | 2004/06/28 12:56 PM |









http://iraqhc.jugem.cc/trackback/264
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ ジャンル別記事一覧
+ 最近の記事
+ PROFILE
+ AD