Iraq Hostage Crisis

イラクで拘束された3人の活動の紹介と、自衛隊のイラク派兵のあり方を問い直すブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
日本人ジャーナリスト アメリカ軍に一時拘束
フリーカメラマンの山頭範之さんが今月9日、アフガニスタンのカブールでアメリカ軍に一時拘束されていたことが明らかにされました。

毎日新聞:米軍が邦人を一時拘束−−カブール市内

同日中に解放されたとのことですが、ご本人は『米軍施設の近くで障害者の写真を撮っていた』と言っており、怪しまれたのではないかという言うことです。

山頭さんは29歳のカメラマンで、アフガニスタンやイラクなどで取材の経験があり、アフガニスタンの写真は2002年土門拳賞文化賞を受賞しています。

山頭範之
http://www.yamatou.com/


日本では大きく報道されることはありませんが、イラクでは日本人のフリーカメラマンがアメリカ軍によって拘束されたことは以前から起きていました(山頭さんの場合はカブールでしたが)。

フリーカメラマンの志葉玲さんや、ジャパンプレスの佐藤和孝さんらも拘束されたことがあります。

◇拘束経緯◇
志葉玲さん 米軍に拘束→釈放事件 関連記事
共同通信:邦人記者に暴行、一時拘束 米兵、バグダッドで(佐藤和孝さん)

また、最近ではロイターのイラク人スタッフがアルグレイブ刑務所に一時収容されたことが明らかになるなど、アメリカ軍によるフリーランスへの締め付けは以前から問題になっています。

ちなみに、今回の人質事件で注目された日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)(広河隆一世話人代表)は、9・11後に強まったジャーナリズムへの締め付けに対して共同で対応していくことを目的に作られたという経緯があります。

関連リンク:JVJAの目的
| 石塚輝紀 | 日本メディアの報道・見解 | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:47 | - | - |









http://iraqhc.jugem.cc/trackback/267
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ ジャンル別記事一覧
+ 最近の記事
+ PROFILE
+ AD