Iraq Hostage Crisis

イラクで拘束された3人の活動の紹介と、自衛隊のイラク派兵のあり方を問い直すブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アメリカのインターネット放送で三人の活動についてコメント
インターネット放送局「Democracy Now!」(英語)というサイトにピースボートの伊地知亮さんがインタビュー出演。三人がこれまで取り組んできた活動や、事件についての日本社会の反応についてコメントしています。

拘束さえた三人が、日本政府に対して自衛隊派遣反対を訴えていたこと、またイラクの現状や劣化ウランの被害、孤児の支援に関わっていたことを紹介しています。そして、「三人が拘束されたことを聞き、大きな衝撃を受けました。彼らは社会運動の現場で人道的支援を行ってきたからです」とコメントしています。

特に18歳でイラクに出向いた今井さんについて、彼が劣化ウランに関する団体を立ち上げたこと、そしてイラクの人々への劣化ウランの影響を調べに行き、今後、子供向けに劣化ウランを分かりやすく説明するための本を制作しようとしていたことなどが紹介されています。

そして、劣化ウランの問題も触れ、広島と長崎の経験を持つ日本が核問題について長年の取り組みをしてきたこと、そしてコソボやイラクで劣化ウラン弾が使用されたことで今では若い人たちの間でも劣化ウラン弾の問題が取り組むべき課題としてあがっているとコメントしています。

Mass Antiwar Protests in Japan, Fate of Iraq Hostages Remains Unclear
(日本の反戦行動 イラクで拘束された三人の今後はいまだ明確にならず)
| 石塚輝紀 | 三人のこれまでの活動・コメント | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:16 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ ジャンル別記事一覧
+ 最近の記事
+ PROFILE
+ AD