Iraq Hostage Crisis

イラクで拘束された3人の活動の紹介と、自衛隊のイラク派兵のあり方を問い直すブログです
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
米国防長官 延命へイラクを電撃訪問(毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20040514k0000m030147000c.html
| 石塚輝紀 | イラク駐留軍 各国の状況 | 02:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
自衛隊 第二陣 約140人がイラクへ
千歳基地から第二次派遣部隊約140人が、イラクでの任務につくために新たに出発をしました。出発には小泉総理大臣も駆けつけ、隊員一人ひとりを握手をして見送ったという。

2次部隊の主力は北部方面隊第11師団(司令部・札幌市)で、司令部のある真駒内駐屯地や、函館市、滝川市など道内の各駐屯地の隊員と予備隊員で構成。5月中に今回を含め3回に分けて派遣される予定。

共同通信:陸自2次部隊が出発 第11師団主力の約140人
| 石塚輝紀 | イラク駐留軍 各国の状況 | 19:26 | comments(1) | trackbacks(1) |
イラク派兵と日本(益岡賢のページ)
コロンビアやイラクの記事を翻訳し、ホームページに掲載している益岡賢さんが、ご自身のホームページで「イラク派兵と日本」という長文の論考を発表しました。

イラク派兵にいたった経緯やその問題点などを論点ごとにまとめています。

益岡賢のページ:イラク派兵と日本
| 石塚輝紀 | イラク駐留軍 各国の状況 | 23:28 | comments(6) | trackbacks(1) |
オーストラリア 計53人を追加派兵
スペイン軍などの撤退が相次ぐ中、当初からイラク戦争を支持していたオーストラリアが53人を追加派兵することを表明しました。内訳は、軍事訓練の専門家ら40人と部隊の護衛にあたる13人ということです。

オーストラリアはすでに850人の部隊を派遣し、ペルシャ湾での海上警戒やイラク国内への物資輸送などの活動しています。

朝日新聞:豪、イラクに53人を追加派兵

オーストラリアでは、ファルージャで支援活動していた民間の女性が人質として拘束されました。日本と同じように、政府はこの女性を非難。イラクに行かないように強く警告しているにもかかわらず、危険な地域に行けば危ない眼にあう可能性は高くなることは分かっているはずだ言明しました。

ABC News Online:Australian woman foolhardy to stay in Iraq: Howard

しかし、アンケート調査では、イラク参戦反対が初めて賛成派を上回ったという結果が出ており、スペイン撤退をきっかけにプレゼンスを高めたい政府とのズレが生じています。

朝日新聞:豪紙世論調査で、初めてイラク参戦反対が多数に
| 石塚輝紀 | イラク駐留軍 各国の状況 | 13:26 | comments(6) | trackbacks(0) |
駐留継続を表明したポーランド 見返りなく、苛立ちも
東京新聞の記事です。
スペインなどの軍隊がイラクから撤退を開始する中、2400人を派遣するポーランドは駐留継続を表明しています。それに対して大きな反対運動は起こっていないとのこと。

東京新聞:駐留鮮明ポーランド 見返りなく、苛立ちも

政府高官がその理由として挙げているのが、ポーランド人のイラク観。ポーランドが社会主義政権のときに、学費の安かったポーランドの大学にイラク人が留学し、その後国に帰った彼らが、ポーランド人労働者をイラクで積極的に受け入れる政策を取ったため、ポーランド内でのイラク人イメージが良いと首相府副長官は言っています。この関係を生かして、復興後のビジネスに結び付けたいという考えもあるようです。

このことはポーランドの政府高官の話として掲載されているのですが、しかし良好なイラクイメージを持つことが、どうして駐留の支持につながるのかがあまり明確ではないような気がします。

そして、駐留に大きな反対がないもう一つの理由として、ポーランド人の親米意識を挙げています。アメリカにはポーランド系の住民が約900万人いるということです。

しかし、アメリカ政府は短期ビザの免除をせずに、指紋を採取するという方針を決定。それに対し、ワルシャワ市長がアメリカ行きをボイコットする事態にも発展しています。さらに、イラク戦争に反対するドイツからポーランドに基地を移さないことも見返りがない苛立ちにつながっていると指摘しています。

このように東京新聞ではポーランドでは反対が少ないとしていますが、しかし60%の国民がイラク派兵を支持していないというデータもあります。そのため、アメリカに対して強調の姿勢をセル必要があるものの、国内世論への配慮から来年2月以降、軍隊の数を大幅に減らす方針を政府は明らかにしています(もちろん、そのころには国連中心の暫定政権ができているという憶測があるからでしょう)。

共同通信:来年2月から大幅削減へ ポーランド軍

いずれにせよ、2400名の部隊はかなり大きな数です。これは自衛隊の4倍強になります。スペインやブルガリアが撤退を表明する中、ポーランド軍の動向も注目されます
| 石塚輝紀 | イラク駐留軍 各国の状況 | 14:59 | comments(7) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ ジャンル別記事一覧
+ 最近の記事
+ PROFILE
+ AD